万葉集 第14巻 3513番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3513番歌はこちらにまとめました。

第14巻 3513番歌

第14巻
歌番号 3513番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 由布佐礼婆 美夜麻乎左良奴 尓努具母能 安是可多要牟等 伊比之兒呂<波>母
訓読 夕さればみ山を去らぬ布雲のあぜか絶えむと言ひし子ろはも
かな ゆふされば みやまをさらぬ にのぐもの あぜかたえむと いひしころはも
英語(ローマ字) YUFUSAREBA MIYAMAWOSARANU NINOGUMONO AZEKATAEMUTO IHISHIKOROHAMO
夕方になるとみ山にかかった布雲のように、なぜか去らず耐えられない、とあの子は言ったよな。
左注
校異 婆 波 [元]
用語 東歌、相聞、序詞、恋情
タイトルとURLをコピーしました