万葉集 第14巻 3485番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3485番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第14巻 3485番歌

第14巻
歌番号 3485番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 都流伎多知 身尓素布伊母乎 等里見我祢 哭乎曽奈伎都流 手兒尓安良奈久尓
訓読 剣大刀身に添ふ妹を取り見がね音をぞ泣きつる手児にあらなくに
かな つるぎたち みにそふいもを とりみがね ねをぞなきつる てごにあらなくに
英語(ローマ字) TSURUGITACHI MINISOFUIMOWO TORIMIGANE NEWOZONAKITSURU TEGONIARANAKUNI
剣大刀のように身に添ってきた妻の世話をしかねて、私は声をあげて泣いてしまった。赤子でもないのに。
左注
校異
用語 東歌、相聞、枕詞、恋愛
タイトルとURLをコピーしました