万葉集 第14巻 3375番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3375番歌はこちらにまとめました。

第14巻 3375番歌

第14巻
歌番号 3375番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 武蔵野乃 乎具奇我吉藝志 多知和可礼 伊尓之与比欲利 世呂尓安波奈布与
訓読 武蔵野のをぐきが雉立ち別れ去にし宵より背ろに逢はなふよ
かな むざしのの をぐきがきぎし たちわかれ いにしよひより せろにあはなふよ
英語(ローマ字) MUZASHINONO WOGUKIGAKIGISHI TACHIWAKARE INISHIYOHIYORI SERONIAHANAFUYO
武蔵野の山穴に巣食う雉のように、飛び立つように別れていった、あの宵からあの人に逢っていませんわ。
左注 (右九首武蔵國歌)
校異
用語 東歌、相聞、埼玉県、東京都、地名、動物、序詞、女歌、悲別、恋情
タイトルとURLをコピーしました