万葉集 第14巻 3465番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3465番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第14巻 3465番歌

第14巻
歌番号 3465番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 巨麻尓思吉 比毛登伎佐氣弖 奴流我倍尓 安杼世呂登可母 安夜尓可奈之伎
訓読 高麗錦紐解き放けて寝るが上にあどせろとかもあやに愛しき
かな こまにしき ひもときさけて ぬるがへに あどせろとかも あやにかなしき
英語(ローマ字) KOMANISHIKI HIMOTOKISAKETE NURUGAHENI ADOSEROTOKAMO AYANIKANASHIKI
華麗な高麗錦の紐を解き放って共寝をしたけれど、この上どうしろというのだ。本当に可愛い子だよ。
左注
校異
用語 東歌、相聞、恋情、女歌
タイトルとURLをコピーしました