万葉集 第14巻 3464番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3464番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第14巻 3464番歌

第14巻
歌番号 3464番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 比登其登乃 之氣吉尓余里弖 麻乎其母能 於夜自麻久良波 和波麻可自夜毛
訓読 人言の繁きによりてまを薦の同じ枕は我はまかじやも
かな ひとごとの しげきによりて まをごもの おやじまくらは わはまかじやも
英語(ローマ字) HITOGOTONO SHIGEKINIYORITE MAWOGOMONO OYAJIMAKURAHA WAHAMAKAJIYAMO
人の噂が激しいからといってイラクサの薦の枕を、二度と使わないなんてことがあろうか(噂をものともしないであなたに逢いにくる)。
左注
校異
用語 東歌、相聞、うわさ、恋愛、女歌
タイトルとURLをコピーしました