万葉集 第14巻 3481番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3481番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第14巻 3481番歌

第14巻
歌番号 3481番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞
原文 安利伎奴乃 佐恵々々之豆美 伊敝能伊母尓 毛乃伊波受伎尓弖 於毛比具流之母
訓読 あり衣のさゑさゑしづみ家の妹に物言はず来にて思ひ苦しも
かな ありきぬの さゑさゑしづみ いへのいもに ものいはずきにて おもひぐるしも
英語(ローマ字) ARIKINUNO SAゑSAゑSHIDUMI IHENOIMONI MONOIHAZUKINITE OMOHIGURUSHIMO
あわただしく普段の着物を脱ぎ捨て、そのまま崩れ落ちたままにして旅装束に着替え、妻に物も言わずにあわてて出立してきたので、心苦しい。
左注 柿本朝臣人麻呂歌集中出 見上已<訖>也
校異 説 訖 [類][紀][古][矢]
用語 東歌、相聞、作者:柿本人麻呂歌集、重出、羈旅、出発、別離、恋情
タイトルとURLをコピーしました