万葉集 第14巻 3383番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3383番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第14巻 3383番歌

第14巻
歌番号 3383番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 宇麻具多能 祢呂尓可久里為 可久太尓毛 久尓乃登保可婆 奈我目保里勢牟
訓読 馬来田の嶺ろに隠り居かくだにも国の遠かば汝が目欲りせむ
かな うまぐたの ねろにかくりゐ かくだにも くにのとほかば ながめほりせむ
英語(ローマ字) UMAGUTANO NERONIKAKURIゐ KAKUDANIMO KUNINOTOHOKABA NAGAMEHORISEMU
馬来田(うまぐた)の山々を隔てた地に居る。こんなにも故郷が遠いとあんたに逢いたくてしょうがない。
左注 右二首上総國歌
校異
用語 東歌、相聞、千葉県、地名、木更津、羈旅、恋情、望郷
タイトルとURLをコピーしました