万葉集 第14巻 3565番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3565番歌はこちらにまとめました。

第14巻 3565番歌

第14巻
歌番号 3565番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 可能古呂等 宿受夜奈里奈牟 波太須酒伎 宇良野乃夜麻尓 都久可多与留母
訓読 かの子ろと寝ずやなりなむはだすすき宇良野の山に月片寄るも
かな かのころと ねずやなりなむ はだすすき うらののやまに つくかたよるも
英語(ローマ字) KANOKOROTO NEZUYANARINAMU HADASUSUKI URANONOYAMANI TSUKUKATAYORUMO
あの子と共寝することなく終わりそうだ。はだすすきの繁る宇良野の山に月が片向いてきた。
左注
校異
用語 東歌、相聞、植物、地名、長野県、恋情
タイトルとURLをコピーしました