万葉集 第14巻 3436番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3436番歌はこちらにまとめました。

第14巻 3436番歌

第14巻
歌番号 3436番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 志良登保布 乎尓比多夜麻乃 毛流夜麻乃 宇良賀礼勢奈<那> 登許波尓毛我母
訓読 しらとほふ小新田山の守る山のうら枯れせなな常葉にもがも
かな しらとほふ をにひたやまの もるやまの うらがれせなな とこはにもがも
英語(ローマ字) SHIRATOHOFU WONIHITAYAMANO MORUYAMANO URAGARESENANA TOKOHANIMOGAMO
しらとほふ小新田山(にひたやま)の木々は、山守に大切に守られている。そのように梢も枯れることなく、いつも青々としていてほしいものだ(あの子には)。
左注 右三首上野國歌
校異 <> 那 [西(右書)][元][紀][温]
用語 東歌、譬喩歌、群馬県、地名、太田市、金山、恋情
タイトルとURLをコピーしました