万葉集 第14巻 3564番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3564番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第14巻 3564番歌

第14巻
歌番号 3564番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 古須氣呂乃 宇良布久可是能 安騰須酒香 可奈之家兒呂乎 於毛比須吾左牟
訓読 古須気ろの浦吹く風のあどすすか愛しけ子ろを思ひ過ごさむ
かな こすげろの うらふくかぜの あどすすか かなしけころを おもひすごさむ
英語(ローマ字) KOSUGERONO URAFUKUKAZENO ADOSUSUKA KANASHIKEKOROWO OMOHISUGOSAMU
古須気(こすけ)の浦に吹く風が通り過ぎるけれど、何としよう、あの愛しい子への思いを通り過ぎる(忘れる)ことができようか。
左注
校異
用語 東歌、相聞、地名、東京都、小菅町、恋情
タイトルとURLをコピーしました