万葉集 第14巻 3563番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3563番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第14巻 3563番歌

第14巻
歌番号 3563番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 比多我多能 伊蘇乃和可米乃 多知美太要 和乎可麻都那毛 伎曽毛己余必母
訓読 比多潟の礒のわかめの立ち乱え我をか待つなも昨夜も今夜も
かな ひたがたの いそのわかめの たちみだえ わをかまつなも きぞもこよひも
英語(ローマ字) HITAGATANO ISONOWAKAMENO TACHIMIDAE WAWOKAMATSUNAMO KIZOMOKOYOHIMO
比多潟(ひたかた)の磯のわかめが立ち乱れて繁っているように、彼女はたちすくんだまま心乱れて私を待っているのだろうか。昨夜も今夜も。
左注
校異
用語 東歌、相聞、地名、茨城県、植物、序詞、恋情
タイトルとURLをコピーしました