万葉集 第14巻 3562番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3562番歌はこちらにまとめました。

第14巻 3562番歌

第14巻
歌番号 3562番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 安里蘇夜尓 於布流多麻母乃 宇知奈婢伎 比登里夜宿良牟 安乎麻知可祢弖
訓読 荒礒やに生ふる玉藻のうち靡きひとりや寝らむ我を待ちかねて
かな ありそやに おふるたまもの うちなびき ひとりやぬらむ あをまちかねて
英語(ローマ字) ARISOYANI OFURUTAMAMONO UCHINABIKI HITORIYANURAMU AWOMACHIKANETE
あの荒磯に生える藻が波になびくように、彼女はひとりで転々と寝ていることだろうな、私を待ちかねて。
左注
校異
用語 東歌、相聞、植物、序詞、恋情、孤独
タイトルとURLをコピーしました