万葉集 第14巻 3468番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3468番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第14巻 3468番歌

第14巻
歌番号 3468番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 夜麻杼里乃 乎呂能<波>都乎尓 可賀美可家 刀奈布倍美許曽 奈尓与曽利鶏米
訓読 山鳥の峰ろのはつをに鏡懸け唱ふべみこそ汝に寄そりけめ
かな やまとりの をろのはつをに かがみかけ となふべみこそ なによそりけめ
英語(ローマ字) YAMATORINO WORONOHATSUWONI KAGAMIKAKE TONAFUBEMIKOSO NANIYOSORIKEME
稲架(はさ)にかけた初穂は山鳥の尾に似ている。稲架(はさ)に鏡をかけ、私は唱う役目なんですが、あなたと一対になって行う祭りなので、どうしても注目されてしまいます。
左注
校異 <> 波 [西(左書)][元][類][紀]
用語 東歌、相聞、うわさ、恋愛、神祭り
タイトルとURLをコピーしました