万葉集 第14巻 3362番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3362番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第14巻 3362番歌

第14巻
歌番号 3362番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 相模祢乃 乎美祢見<可>久思 和須礼久流 伊毛我名欲妣弖 吾乎祢之奈久奈
訓読 相模嶺の小峰見そくし忘れ来る妹が名呼びて我を音し泣くな
かな さがむねの をみねみそくし わすれくる いもがなよびて あをねしなくな
英語(ローマ字) SAGAMUNENO WOMINEMISOKUSHI WASUREKURU IMOGANAYOBITE AWONESHINAKUNA
相模の山々の峰が遠ざかって小峰になりつつ、いつまでも見えている。小峰よ、忘れさろうとしているのにあの子の名を呼び覚まして私を泣かせないでおくれ。 
左注 或本歌曰 武蔵祢能 乎美祢見可久思 和須礼<遊>久 伎美我名可氣弖 安乎祢思奈久流 / (右十二首相模國歌)
校異 所 可 [岩波大系](塙)(楓) / <> 遊 [西(右書)][元][類][古][紀]
用語 東歌、相聞、神奈川県、地名、丹沢、別離、恋情、異伝
スポンサーリンク

第14巻 3362S1番歌(異伝歌1)

題詞 或本歌曰
原文 武蔵祢能 乎美祢見可久思 和須礼<遊>久 伎美我名可氣弖 安乎祢思奈久流
訓読 武蔵嶺の小峰見隠し忘れ行く君が名懸けて我を音し泣くる
かな むざしねの をみねみかくし わすれゆく きみがなかけて あをねしなくる
英語(ローマ字) MUZASHINENO WOMINEMIKAKUSHI WASUREYUKU KIMIGANAKAKETE AWONESHINAKURU
武蔵の山々の小峰に向かって、遠ざかっていく忘れられないあの人、その名を口にすると泣けてくる。
左注 (右十二首相模國歌)
校異
用語 東歌、相聞、神奈川県、異伝、地名、別離、恋情
タイトルとURLをコピーしました