万葉集 第14巻 3363番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3363番歌はこちらにまとめました。

第14巻 3363番歌

第14巻
歌番号 3363番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 和我世古乎 夜麻登敝夜利弖 麻都之太須 安思我良夜麻乃 須疑乃木能末可
訓読 我が背子を大和へ遣りて待つしだす足柄山の杉の木の間か
かな わがせこを やまとへやりて まつしだす あしがらやまの すぎのこのまか
英語(ローマ字) WAGASEKOWO YAMATOHEYARITE MATSUSHIDASU ASHIGARAYAMANO SUGINOKONOMAKA
あの人を大和へ送り出す。足柄山の杉の木の間に立って見送りながら、帰りを待つ。
左注 (右十二首相模國歌)
校異
用語 東歌、相聞、神奈川県、女歌、別離、悲別、地名、足柄、掛詞
タイトルとURLをコピーしました