万葉集 第14巻 3528番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3528番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第14巻 3528番歌

第14巻
歌番号 3528番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 水都等利乃 多々武与曽比尓 伊母能良尓 毛乃伊波受伎尓弖 於毛比可祢都母
訓読 水鳥の立たむ装ひに妹のらに物言はず来にて思ひかねつも
かな みづとりの たたむよそひに いものらに ものいはずきにて おもひかねつも
英語(ローマ字) MIDUTORINO TATAMUYOSOHINI IMONORANI MONOIHAZUKINITE OMOHIKANETSUMO
水鳥が飛び立つように、身支度もほどほどに彼女に物もいわずにあわてて旅だったため、情に堪えられない。
左注
校異 乃 [元][類](塙) 能 / 母 [元][類][細](塙) 毛
用語 東歌、相聞、羈旅、出発、別離、恋情
タイトルとURLをコピーしました