万葉集 第14巻 3491番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3491番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第14巻 3491番歌

第14巻
歌番号 3491番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 楊奈疑許曽 伎礼波伴要須礼 余能比等乃 古非尓思奈武乎 伊可尓世余等曽
訓読 柳こそ伐れば生えすれ世の人の恋に死なむをいかにせよとぞ
かな やなぎこそ きればはえすれ よのひとの こひにしなむを いかにせよとぞ
英語(ローマ字) YANAGIKOSO KIREBAHAESURE YONOHITONO KOHINISHINAMUWO IKANISEYOTOZO
柳なら伐(き)れば生えてもこよう。が、私は、この世の人の身。恋い焦がれて死にそうなのになんとしよう。
左注
校異
用語 東歌、相聞、植物、恋情、女歌
タイトルとURLをコピーしました