万葉集 第14巻 3490番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3490番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第14巻 3490番歌

第14巻
歌番号 3490番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 安都左由美 須恵波余里祢牟 麻左可許曽 比等目乎於保美 奈乎波思尓於家礼[柿本朝臣人麻呂歌集出也]
訓読 梓弓末は寄り寝むまさかこそ人目を多み汝をはしに置けれ [柿本朝臣人麻呂歌集出也]
かな あづさゆみ すゑはよりねむ まさかこそ ひとめをおほみ なをはしにおけれ
英語(ローマ字) ADUSAYUMI SUゑHAYORINEMU MASAKAKOSO HITOMEWOOHOMI NAWOHASHINIOKERE
ゆくゆくは寄り添って寝る仲になるつもりだが、今は人目が多いので目のはしに置いた振りをしているけれど。
左注
校異
用語 東歌、相聞、人目、うわさ、枕詞、恋情、作者:柿本人麻呂歌集
タイトルとURLをコピーしました