万葉集 第14巻 3407番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3407番歌はこちらにまとめました。

第14巻 3407番歌

第14巻
歌番号 3407番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 可美都氣努 麻具波思麻度尓 安佐日左指 麻伎良波之母奈 安利都追見礼婆
訓読 上つ毛野まぐはしまとに朝日さしまきらはしもなありつつ見れば
かな かみつけの まぐはしまとに あさひさし まきらはしもな ありつつみれば
英語(ローマ字) KAMITSUKENO MAGUHASHIMATONI ASAHISASHI MAKIRAHASHIMONA ARITSUTSUMIREBA
上つ毛野のまぐはし窓に朝日が差し、まぶしいなあ、彼女をこのまま見ていると。
左注 (右廿二首上野國歌)
校異
用語 東歌、相聞、群馬県、地名、序詞、恋愛、逢会
タイトルとURLをコピーしました