万葉集 第14巻 3478番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3478番歌はこちらにまとめました。

第14巻 3478番歌

第14巻
歌番号3478番歌
作者作者不詳
題詞
原文等保斯等布 故奈乃思良祢尓 阿抱思太毛 安波乃敝思太毛 奈尓己曽与佐礼
訓読遠しとふ故奈の白嶺に逢ほしだも逢はのへしだも汝にこそ寄され
かなとほしとふ こなのしらねに あほしだも あはのへしだも なにこそよされ
英語(ローマ字)TOHOSHITOFU KONANOSHIRANENI AHOSHIDAMO AHANOHESHIDAMO NANIKOSOYOSARE
遠いという故奈(こな)の白嶺(しらね)に、逢う時も逢わない時もあんたに寄せられていると噂が立っている。なのに(なぜなかなか逢ってくれないの)。
左注
校異
用語東歌、相聞、地名、群馬県、白根山、石川県、白山、うわさ、恋愛、羈旅

解説

じつはこの歌の場所はどこかははっきりしない。それは最初の「故奈の白嶺」にある。石川県の白山なのか、群馬県の白根山なのか、大抵はどちらかだろうと言われるが、どこだと決めるのは難しい。
「故奈(こな)の白嶺(しらね)」は所在不詳。「逢ほ」は「逢ふ」の、「逢はのへ」は「逢はない」の東国訛り。「しだ」は「時」という意味。「寄され」は「寄せられている」という意味で、「噂を寄せられている」という意味である。

タイトルとURLをコピーしました