万葉集 第14巻 3379番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3379番歌はこちらにまとめました。

第14巻 3379番歌

第14巻
歌番号 3379番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 和我世故乎 安杼可母伊波武 牟射志野乃 宇家良我波奈乃 登吉奈伎母能乎
訓読 我が背子をあどかも言はむ武蔵野のうけらが花の時なきものを
かな わがせこを あどかもいはむ むざしのの うけらがはなの ときなきものを
英語(ローマ字) WAGASEKOWO ADOKAMOIHAMU MUZASHINONO UKERAGAHANANO TOKINAKIMONOWO
あの人になんと言ったらいいのでしょう。武蔵野のオケラのように時無しに咲く花のように思い続けているものを。
左注 (右九首武蔵國歌)
校異
用語 東歌、相聞、埼玉県、東京都、地名、植物、女歌、序詞
タイトルとURLをコピーしました