万葉集 第15巻 3578番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3578番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第15巻 3578番歌

第15巻
歌番号 3578番歌
作者 作者不詳
題詞 遣新羅使人等悲別贈答及海路慟情陳思并當所誦之古歌
原文 武庫能浦乃 伊里江能渚鳥 羽具久毛流 伎美乎波奈礼弖 古非尓之奴倍之
訓読 武庫の浦の入江の洲鳥羽ぐくもる君を離れて恋に死ぬべし
かな むこのうらの いりえのすどり はぐくもる きみをはなれて こひにしぬべし
英語(ローマ字) MUKONOURANO IRIENOSUDORI HAGUKUMORU KIMIWOHANARETE KOHINISHINUBESHI
武庫川の河口付近の入り江の洲(しま)の水鳥が羽に包むように、私を守ってくれたあなた。そのあなたから離れたら私は恋い焦がれて死んでしまうでしょう。
左注 (右十一首贈答)
校異
用語 遣新羅使、天平8年、年紀、贈答、地名、兵庫県、武庫川、動物、女歌、悲別、序詞、恋情、羈旅、出発、難波、大阪
スポンサーリンク

解説

題詞は「遣新羅への使人等が別れを悲しんで贈答した歌、及び海路にあって思いを述べた歌、並びに所にあたって詠み上げた古歌」という意味。第15巻は阿倍継麻呂たちが新羅へ向かうものの、手厚い歓迎は受けず、しかたなくそのまま奈良へ帰るまでの流れを詠った歌集になる。継麻呂は途中で病死。

武庫川は兵庫県西宮市と尼崎市の間を流れる川。「武庫の浦の入江」はその河口付近を指している。「洲鳥」は干潟のような洲に巣くう鳥。「羽ぐくもる」は「親鳥の羽に包まれる」こと。

タイトルとURLをコピーしました