万葉集 第15巻 3773番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3773番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第15巻 3773番歌

第15巻
歌番号 3773番歌
作者 作者不詳
題詞 (中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌)
原文 君我牟多 由可麻之毛能乎 於奈自許等 於久礼弖乎礼杼 与伎許等毛奈之
訓読 君が共行かましものを同じこと後れて居れどよきこともなし
かな きみがむた ゆかましものを おなじこと おくれてをれど よきこともなし
英語(ローマ字) KIMIGAMUTA YUKAMASHIMONOWO ONAJIKOTO OKURETEWOREDO YOKIKOTOMONASHI
あなたと共に配流先までついていけばよかった。こちらに残っていても少しもいいことがありませんもの。
左注 (右八首娘子)
校異
用語 作者:狭野弟上娘子、天平12年、年紀、恋情、悲別、大赦、女歌、中臣宅守
タイトルとURLをコピーしました