万葉集 第15巻 3655番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3655番歌はこちらにまとめました。

第15巻 3655番歌

第15巻
歌番号 3655番歌
作者 作者不詳
題詞 (至筑紫舘遥望本郷悽愴作歌四首)
原文 伊麻欲理波 安伎豆吉奴良之 安思比奇能 夜麻末都可氣尓 日具良之奈伎奴
訓読 今よりは秋づきぬらしあしひきの山松蔭にひぐらし鳴きぬ
かな いまよりは あきづきぬらし あしひきの やままつかげに ひぐらしなきぬ
英語(ローマ字) IMAYORIHA AKIDUKINURASHI ASHIHIKINO YAMAMATSUKAGENI HIGURASHINAKINU
今こそ秋めいてきたようだ。山の松陰にひぐらしが鳴いている。
左注
校異
用語 遣新羅使、天平8年、年紀、羈旅、福岡、枕詞、恋情、叙景

解説

題詞は3652番歌から。

「秋づきぬらし」は「秋めいてきたようだ」。「あしひきの」は枕詞

タイトルとURLをコピーしました