万葉集 第15巻 3654番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3654番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第15巻 3654番歌

第15巻
歌番号 3654番歌
作者 作者不詳
題詞 (至筑紫舘遥望本郷悽愴作歌四首)
原文 可之布江尓 多豆奈吉和多流 之可能宇良尓 於枳都之良奈美 多知之久良思母
訓読 可之布江に鶴鳴き渡る志賀の浦に沖つ白波立ちし来らしも
かな かしふえに たづなきわたる しかのうらに おきつしらなみ たちしくらしも
英語(ローマ字) KASHIFUENI TADUNAKIWATARU SHIKANOURANI OKITSUSHIRANAMI TACHISHIKURASHIMO
可之布江(かしふえ)に鶴が鳴き渡る志賀島の浦に沖から白波が寄せてきたようだ。
左注 一云 美知之伎奴良思
校異
用語 遣新羅使、天平8年、年紀、羈旅、地名、福岡、志賀島、叙景、異伝
スポンサーリンク

第15巻 3654S1番歌(異伝歌1)

題詞 (至筑紫舘遥望本郷悽愴作歌四首)一云
原文 美知之伎奴良思
訓読 満ちし来ぬらし
かな みちしきぬらし
英語(ローマ字) MICHISHIKINURASHI
満ちてきたようだ。
左注
校異
用語 遣新羅使、天平8年、年紀、異伝、羈旅、福岡、志賀島、叙景
タイトルとURLをコピーしました