万葉集 第15巻 3583番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3583番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第15巻 3583番歌

第15巻
歌番号 3583番歌
作者 作者不詳
題詞 (遣新羅使人等悲別贈答及海路慟情陳思并當所誦之古歌)
原文 真幸而 伊毛我伊波伴伐 於伎都奈美 知敝尓多都等母 佐波里安良米也母
訓読 ま幸くて妹が斎はば沖つ波千重に立つとも障りあらめやも
かな まさきくて いもがいははば おきつなみ ちへにたつとも さはりあらめやも
英語(ローマ字) MASAKIKUTE IMOGAIHAHABA OKITSUNAMI CHIHENITATSUTOMO SAHARIARAMEYAMO
きみが無事でいてくれて、身を清めて神に祈っていてくれれば、沖の波がどれほど立とうと、事故など起きることがありましょうか。
左注 (右十一首贈答)
校異
用語 遣新羅使、天平8年、年紀、贈答、羈旅、出発、悲別、恋愛、難波、大阪
タイトルとURLをコピーしました