万葉集 第15巻 3603番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3603番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第15巻 3603番歌

第15巻
歌番号 3603番歌
作者 作者不詳
題詞 (當所誦詠古歌)
原文 安乎<楊>疑能 延太伎里於呂之 湯種蒔 忌忌伎美尓 故非和多流香母
訓読 青楊の枝伐り下ろしゆ種蒔きゆゆしき君に恋ひわたるかも
かな あをやぎの えだきりおろし ゆだねまき ゆゆしききみに こひわたるかも
英語(ローマ字) AWOYAGINO EDAKIRIOROSHI YUDANEMAKI YUYUSHIKIKIMINI KOHIWATARUKAMO
青柳の枝を伐り下ろして地面に挿す。そこから初の稲種を蒔くように、恐れ多いあなた様に恋続けています。
左注 (右三首戀歌)
校異 揚 楊 [類][紀][温]
用語 遣新羅使、天平8年、年紀、古歌、誦詠、転用、望郷、恋情、植物、羈旅
タイトルとURLをコピーしました