万葉集 第15巻 3604番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3604番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第15巻 3604番歌

第15巻
歌番号 3604番歌
作者 作者不詳
題詞 (當所誦詠古歌)
原文 妹我素弖 和可礼弖比左尓 奈里奴礼杼 比登比母伊毛乎 和須礼弖於毛倍也
訓読 妹が袖別れて久になりぬれど一日も妹を忘れて思へや
かな いもがそで わかれてひさに なりぬれど ひとひもいもを わすれておもへや
英語(ローマ字) IMOGASODE WAKARETEHISANI NARINUREDO HITOHIMOIMOWO WASURETEOMOHEYA
彼女の袖と別れて(共寝しなくなって)から長く経つが、一日たりと彼女のことを忘れたことがあろうか。
左注 (右三首戀歌)
校異
用語 遣新羅使、天平8年、年紀、古歌、誦詠、恋情、望郷、羈旅、転用
タイトルとURLをコピーしました