万葉集 第15巻 3690番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3690番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第15巻 3690番歌

第15巻
歌番号 3690番歌
作者 作者不詳
題詞 ((到壹岐嶋雪連宅満忽遇鬼病死去之時作歌一首[并短歌])反歌二首)
原文 与能奈可波 都祢可久能未等 和可礼奴流 君尓也毛登奈 安我孤悲由加牟
訓読 世間は常かくのみと別れぬる君にやもとな我が恋ひ行かむ
かな よのなかは つねかくのみと わかれぬる きみにやもとな あがこひゆかむ
英語(ローマ字) YONONAKAHA TSUNEKAKUNOMITO WAKARENURU KIMINIYAMOTONA AGAKOHIYUKAMU
世の中はいつもこんなふうに別れが来るものなのか。いなくなった君にはかなく思いを負いながら、私は旅を続けなければならないのか。
左注 右三首挽歌
校異
用語 遣新羅使、天平8年、年紀、挽歌、羈旅、壱岐、雪宅麻呂、恋情、長崎
タイトルとURLをコピーしました