万葉集 第15巻 3580番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3580番歌はこちらにまとめました。

第15巻 3580番歌

第15巻
歌番号 3580番歌
作者 作者不詳
題詞 (遣新羅使人等悲別贈答及海路慟情陳思并當所誦之古歌)
原文 君之由久 海邊乃夜杼尓 奇里多々婆 安我多知奈氣久 伊伎等之理麻勢
訓読 君が行く海辺の宿に霧立たば我が立ち嘆く息と知りませ
かな きみがゆく うみへのやどに きりたたば あがたちなげく いきとしりませ
英語(ローマ字) KIMIGAYUKU UMIHENOYADONI KIRITATABA AGATACHINAGEKU IKITOSHIRIMASE
あなたが行く海路に霧が立ちこめたら、私が立ちつくして嘆く私の息と知って下さい。
左注 (右十一首贈答)
校異
用語 遣新羅使、天平8年、年紀、贈答、女歌、羈旅、出発、悲別、恋情、難波、大阪
タイトルとURLをコピーしました