万葉集 第15巻 3784番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3784番歌はこちらにまとめました。

第15巻 3784番歌

第15巻
歌番号 3784番歌
作者 作者不詳
題詞 (中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌)
原文 許己呂奈伎 登里尓曽安利家流 保登等藝須 毛能毛布等伎尓 奈久倍吉毛能可
訓読 心なき鳥にぞありける霍公鳥物思ふ時に鳴くべきものか
かな こころなき とりにぞありける ほととぎす ものもふときに なくべきものか
英語(ローマ字) KOKORONAKI TORINIZOARIKERU HOTOTOGISU MONOMOFUTOKINI NAKUBEKIMONOKA
二人の恋情を解さない心ない鳥よのう、ホトトギス。物思う時にやってきて鳴き立てていいものか。
左注 (右七首中臣朝臣宅守寄花鳥陳思作歌)
校異
用語 作者:中臣宅守、天平12年、年紀、動物、恋情、羈旅、配流、怨恨、狭野弟上娘子
タイトルとURLをコピーしました