万葉集 第15巻 3626番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3626番歌はこちらにまとめました。

第15巻 3626番歌

第15巻
歌番号 3626番歌
作者 丹比大夫
題詞 (古挽歌一首[并短歌])反歌一首
原文 多都我奈伎 安之<敝>乎左之弖 等妣和多類 安奈多頭多頭志 比等里佐奴礼婆
訓読 鶴が鳴き葦辺をさして飛び渡るあなたづたづしひとりさ寝れば
かな たづがなき あしへをさして とびわたる あなたづたづし ひとりさぬれば
英語(ローマ字) TADUGANAKI ASHIHEWOSASHITE TOBIWATARU ANATADUTADUSHI HITORISANUREBA
鶴が鳴きながら葦辺に向かって飛んで行く。ああ、言いようもなく心細い、ひとり寝なければならないのが。
左注 右丹比大夫悽愴亡妻歌
校異 倍 敝 [紀][細]
用語 遣新羅使、天平8年、年紀、挽歌、転用、古歌、作者:丹比大夫、笠麻呂、羈旅、悲別、望郷、広島、倉橋島
タイトルとURLをコピーしました