万葉集 第15巻 3758番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3758番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第15巻 3758番歌

第15巻
歌番号 3758番歌
作者 作者不詳
題詞 (中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌)
原文 佐須太氣能 大宮人者 伊麻毛可母 比等奈夫理能<未> 許能美多流良武 [一云 伊麻左倍也]
訓読 さす竹の大宮人は今もかも人なぶりのみ好みたるらむ [一云 今さへや]
かな さすだけの おほみやひとは いまもかも ひとなぶりのみ このみたるらむ [いまさへや]
英語(ローマ字) SASUDAKENO OHOMIYAHITOHA IMAMOKAMO HITONABURINOMI KONOMITARURAMU [IMASAHEYA]
あの大宮人たちは、今もなお人をからかうことを好んでいるだろうか。
左注 (右十三首中臣朝臣宅守)
校異 美 未 [類][紀][細]
用語 作者:中臣宅守、天平12年、年紀、枕詞、贈答、羈旅、配流、怨恨、異伝、狭野弟上娘子
タイトルとURLをコピーしました