万葉集 第15巻 3656番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3656番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第15巻 3656番歌

第15巻
歌番号 3656番歌
作者 阿倍継麻呂
題詞 七夕仰觀天漢各陳所思作歌三首
原文 安伎波疑尓 々保敝流和我母 奴礼奴等母 伎美我美布祢能 都奈之等理弖婆
訓読 秋萩ににほへる我が裳濡れぬとも君が御船の綱し取りてば
かな あきはぎに にほへるわがも ぬれぬとも きみがみふねの つなしとりてば
英語(ローマ字) AKIHAGINI NIHOHERUWAGAMO NURENUTOMO KIMIGAMIFUNENO TSUNASHITORITEBA
秋萩の色に美しく染まった私の裳が濡れましょうとも、川に入ってあなた様(牽牛)の御船の綱を取ることができてうれしゅうございます。
左注 右一首大使
校異
用語 遣新羅使、天平8年、年紀、作者:阿倍継麻呂、羈旅、七夕、織女、女歌、宴席、福岡
タイトルとURLをコピーしました