万葉集 第15巻 3599番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3599番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第15巻 3599番歌

第15巻
歌番号 3599番歌
作者 作者不詳
題詞 (遣新羅使人等悲別贈答及海路慟情陳思并當所誦之古歌)
原文 月余美能 比可里乎伎欲美 神嶋乃 伊素<未>乃宇良由 船出須和礼波
訓読 月読の光りを清み神島の礒廻の浦ゆ船出す我れは
かな つくよみの ひかりをきよみ かみしまの いそみのうらゆ ふなですわれは
英語(ローマ字) TSUKUYOMINO HIKARIWOKIYOMI KAMISHIMANO ISOMINOURAYU FUNADESUWAREHA
月光が清らかなので、神島の磯近辺の浜から船出しよう、私は。
左注 (右八首乗船入海路上作歌)
校異 末 未 [細]
用語 遣新羅使、天平8年、年紀、地名、広島、福山市、羈旅
タイトルとURLをコピーしました