万葉集 第15巻 3749番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3749番歌はこちらにまとめました。

第15巻 3749番歌

第15巻
歌番号3749番歌
作者作者不詳
題詞(中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌)
原文比等久尓々 伎美乎伊麻勢弖 伊<都><麻>弖可 安我故非乎良牟 等伎乃之良奈久
訓読他国に君をいませていつまでか我が恋ひ居らむ時の知らなく
かなひとくにに きみをいませて いつまでか あがこひをらむ ときのしらなく
英語(ローマ字)HITOKUNINI KIMIWOIMASETE ITSUMADEKA AGAKOHIWORAMU TOKINOSHIRANAKU
他国にあなた様をやってしまって、いつまで私は恋い焦がれていればよいのでしょう。いつ果てるとも知らないまま。
左注(右九首娘子)
校異豆 都 [類][紀][細] / 摩 麻 [類][紀][温][細]
用語作者:狭野弟上娘子、天平12年、年紀、贈答、恋情、悲別、女歌、中臣宅守
タイトルとURLをコピーしました