万葉集 第15巻 3727番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3727番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第15巻 3727番歌

第15巻
歌番号 3727番歌
作者 作者不詳
題詞 (中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌)
原文 知里比治能 可受尓母安良奴 和礼由恵尓 於毛比和夫良牟 伊母我可奈思佐
訓読 塵泥の数にもあらぬ我れゆゑに思ひわぶらむ妹がかなしさ
かな ちりひぢの かずにもあらぬ われゆゑに おもひわぶらむ いもがかなしさ
英語(ローマ字) CHIRIHIDINO KAZUNIMOARANU WAREYUゑNI OMOHIWABURAMU IMOGAKANASHISA
塵泥(ちりひぢ)のようにものの数にも入らない私がごときもののためにわびしい思いをして悩む、彼女がいとしい。
左注 (右四首中臣朝臣宅守上道作歌)
校異
用語 作者:中臣宅守、天平12年、年紀、贈答、悲別、恋情、羈旅、配流、狭野弟上娘子
タイトルとURLをコピーしました