万葉集 第15巻 3664番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3664番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第15巻 3664番歌

第15巻
歌番号 3664番歌
作者 作者不詳
題詞 (海邊望月作九首)
原文 之可能宇良尓 伊射里須流安麻 安氣久礼婆 宇良未許具良之 可治能於等伎許由
訓読 志賀の浦に漁りする海人明け来れば浦廻漕ぐらし楫の音聞こゆ
かな しかのうらに いざりするあま あけくれば うらみこぐらし かぢのおときこゆ
英語(ローマ字) SHIKANOURANI IZARISURUAMA AKEKUREBA URAMIKOGURASHI KADINOOTOKIKOYU
志賀の浦で漁をする漁師だろうか。夜が明けるにしたがって浦のあたりを漕ぐ梶の音が聞こえる。
左注
校異
用語 遣新羅使、天平8年、年紀、羈旅、地名、志賀島、叙景、福岡
タイトルとURLをコピーしました