万葉集 第15巻 3586番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3586番歌はこちらにまとめました。

第15巻 3586番歌

第15巻
歌番号 3586番歌
作者 作者不詳
題詞 (遣新羅使人等悲別贈答及海路慟情陳思并當所誦之古歌)
原文 和我由恵尓 於毛比奈夜勢曽 秋風能 布可武曽能都奇 安波牟母能由恵
訓読 我がゆゑに思ひな痩せそ秋風の吹かむその月逢はむものゆゑ
かな わがゆゑに おもひなやせそ あきかぜの ふかむそのつき あはむものゆゑ
英語(ローマ字) WAGAYUゑNI OMOHINAYASESO AKIKAZENO FUKAMUSONOTSUKI AHAMUMONOYUゑ
この私のことを思って痩せ細らないでくれ。秋風が吹くその月になればきっと逢えるのだから。
左注 (右十一首贈答)
校異
用語 遣新羅使、天平8年、年紀、贈答、出発、悲別、餞別、羈旅、恋情、難波、大阪
タイトルとURLをコピーしました