万葉集 第15巻 3587番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3587番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第15巻 3587番歌

第15巻
歌番号 3587番歌
作者 作者不詳
題詞 (遣新羅使人等悲別贈答及海路慟情陳思并當所誦之古歌)
原文 多久夫須麻 新羅邊伊麻須 伎美我目乎 家布可安須可登 伊波比弖麻多牟
訓読 栲衾新羅へいます君が目を今日か明日かと斎ひて待たむ
かな たくぶすま しらきへいます きみがめを けふかあすかと いはひてまたむ
英語(ローマ字) TAKUBUSUMA SHIRAKIHEIMASU KIMIGAMEWO KEFUKAASUKATO IHAHITEMATAMU
遠く新羅(しらぎ)へいらっしゃるあなたに逢えるのを、今日か明日かと神様にお祈りしながらお待ちします。
左注 (右十一首贈答)
校異
用語 遣新羅使、天平8年、年紀、贈答、地名、韓国、枕詞、悲別、羈旅、餞別、女歌、難波、大阪
タイトルとURLをコピーしました