万葉集 第15巻 3729番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3729番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第15巻 3729番歌

第15巻
歌番号 3729番歌
作者 作者不詳
題詞 (中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌)
原文 宇流波之等 安我毛布伊毛乎 於毛比都追 由氣婆可母等奈 由伎安思可流良武
訓読 愛しと我が思ふ妹を思ひつつ行けばかもとな行き悪しかるらむ
かな うるはしと あがもふいもを おもひつつ ゆけばかもとな ゆきあしかるらむ
英語(ローマ字) URUHASHITO AGAMOFUIMOWO OMOHITSUTSU YUKEBAKAMOTONA YUKIASHIKARURAMU
美しく輝いていると私が思っている彼女に、心惹かれつつ行くからだろうか、心もとなくこのまま行きづらい。
左注 (右四首中臣朝臣宅守上道作歌)
校異
用語 作者:中臣宅守、天平12年、年紀、羈旅、贈答、配流、恋情、悲別、狭野弟上娘子
タイトルとURLをコピーしました