万葉集 第15巻 3620番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3620番歌はこちらにまとめました。

第15巻 3620番歌

第15巻
歌番号 3620番歌
作者 作者不詳
題詞 (安藝國長門嶋舶泊礒邊作歌五首)
原文 故悲思氣美 奈具左米可祢弖 比具良之能 奈久之麻可氣尓 伊保利須流可母
訓読 恋繁み慰めかねてひぐらしの鳴く島蔭に廬りするかも
かな こひしげみ なぐさめかねて ひぐらしの なくしまかげに いほりするかも
英語(ローマ字) KOHISHIGEMI NAGUSAMEKANETE HIGURASHINO NAKUSHIMAKAGENI IHORISURUKAMO
故郷の妻が忘れられず、ひぐらしが鳴く島陰で仮の一夜をとっているよ。
左注
校異
用語 遣新羅使、天平8年、年紀、広島、倉橋島、望郷、羈旅
タイトルとURLをコピーしました