万葉集 第15巻 3675番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3675番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第15巻 3675番歌

第15巻
歌番号 3675番歌
作者 壬生宇太麻呂
題詞 (引津亭舶泊之作歌七首)
原文 於吉都奈美 多可久多都日尓 安敝利伎等 美夜古能比等波 伎吉弖家牟可母
訓読 沖つ波高く立つ日にあへりきと都の人は聞きてけむかも
かな おきつなみ たかくたつひに あへりきと みやこのひとは ききてけむかも
英語(ローマ字) OKITSUNAMI TAKAKUTATSUHINI AHERIKITO MIYAKONOHITOHA KIKITEKEMUKAMO
沖の波が高く荒れた日に(われわれ一行は)遭遇したと都の人々は聞き及んでいるだろうか。
左注 右二首大判官
校異
用語 遣新羅使、天平8年、年紀、作者:壬生宇太麻呂、羈旅、望郷、福岡、可也山、引津亭
タイトルとURLをコピーしました