万葉集 第15巻 3688番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3688番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第15巻 3688番歌

第15巻
歌番号 3688番歌
作者 作者不詳
題詞 到壹岐嶋雪連宅満忽遇鬼病死去之時作歌一首[并短歌]
原文 須賣呂伎能 等保能朝庭等 可良國尓 和多流和我世波 伊敝妣等能 伊波比麻多祢可 多太<未>可母 安夜麻知之家牟 安吉佐良婆 可敝里麻左牟等 多良知祢能 波々尓麻乎之弖 等伎毛須疑 都奇母倍奴礼婆 今日可許牟 明日可蒙許武登 伊敝<妣>等波 麻知故布良牟尓 等保能久尓 伊麻太毛都可受 也麻等乎毛 登保久左可里弖 伊波我祢乃 安良伎之麻祢尓 夜杼理須流君
訓読 天皇の 遠の朝廷と 韓国に 渡る我が背は 家人の 斎ひ待たねか 正身かも 過ちしけむ 秋去らば 帰りまさむと たらちねの 母に申して 時も過ぎ 月も経ぬれば 今日か来む 明日かも来むと 家人は 待ち恋ふらむに 遠の国 いまだも着かず 大和をも 遠く離りて 岩が根の 荒き島根に 宿りする君
かな すめろきの とほのみかどと からくにに わたるわがせは いへびとの いはひまたねか ただみかも あやまちしけむ あきさらば かへりまさむと たらちねの ははにまをして ときもすぎ つきもへぬれば けふかこむ あすかもこむと いへびとは まちこふらむに とほのくに いまだもつかず やまとをも とほくさかりて いはがねの あらきしまねに やどりするきみ
英語(ローマ字) SUMEROKINO TOHONOMIKADOTO KARAKUNINI WATARUWAGASEHA IHEBITONO IHAHIMATANEKA TADAMIKAMO AYAMACHISHIKEMU AKISARABA KAHERIMASAMUTO TARACHINENO HAHANIMAWOSHITE TOKIMOSUGI TSUKIMOHENUREBA KEFUKAKOMU ASUKAMOKOMUTO IHEBITOHA MACHIKOFURAMUNI TOHONOKUNI IMADAMOTSUKAZU YAMATOWOMO TOHOKUSAKARITE IHAGANENO ARAKISHIMANENI YADORISURUKIMI
天皇の命を受けて遠い国の韓国に渡ろうとしたわが同僚は、一家のお祈りが十分でなかったのか、あるいはご当人に何か落ち度があったのだろうか。秋になれば帰ってきますと母に申して家を出た。時は過ぎ、月も経たので、今日は帰るか、明日は帰るかと、一家の人は待ち焦がれていただろうに、遠い国にいまだ到着せず、大和から遠く離れた、ここ岩が根を張る荒々しい島に永遠に宿ることになってしまった君。
左注 (右三首挽歌)
校異 短歌 [西] 短謌 / 末 未 [万葉集略解] / 乎 [古][細] 于 / 比 妣 [類][古]
用語 遣新羅使、天平8年、年紀、羈旅、壱岐、挽歌、雪宅麻呂、枕詞、行路死人、長崎
タイトルとURLをコピーしました