万葉集 第15巻 3692番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3692番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第15巻 3692番歌

第15巻
歌番号 3692番歌
作者 葛井子老
題詞 反歌二首
原文 波之家也思 都麻毛古杼毛母 多可多加尓 麻都良牟伎美也 之麻我久礼奴流
訓読 はしけやし妻も子どもも高々に待つらむ君や島隠れぬる
かな はしけやし つまもこどもも たかたかに まつらむきみや しまがくれぬる
英語(ローマ字) HASHIKEYASHI TSUMAMOKODOMOMO TAKATAKANI MATSURAMUKIMIYA SHIMAGAKURENURU
ああ、いたわしや。妻や子供が今か今かと待っているだろうに、この島で君は亡くなってしまった。
左注 (右三首葛井連子老作挽歌)
校異 之 (塙) 々
用語 遣新羅使、天平8年、年紀、羈旅、挽歌、雪宅麻呂、作者:葛井子老、哀悼、壱岐、長崎
タイトルとURLをコピーしました