万葉集 第15巻 3747番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3747番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第15巻 3747番歌

第15巻
歌番号 3747番歌
作者 作者不詳
題詞 (中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌)
原文 和我屋度能 麻都能葉見都々 安礼麻多無 波夜可反里麻世 古非之奈奴刀尓
訓読 我が宿の松の葉見つつ我れ待たむ早帰りませ恋ひ死なぬとに
かな わがやどの まつのはみつつ あれまたむ はやかへりませ こひしなぬとに
英語(ローマ字) WAGAYADONO MATSUNOHAMITSUTSU AREMATAMU HAYAKAHERIMASE KOHISHINANUTONI
我が家の庭の松の葉を眺めながらお待ちします。一刻も早くお帰り下さい。私が恋い焦がれて死なないうちに。
左注 (右九首娘子)
校異
用語 作者:狭野弟上娘子、天平12年、年紀、贈答、恋情、悲別、女歌、中臣宅守
タイトルとURLをコピーしました