万葉集 第15巻 3775番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3775番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第15巻 3775番歌

第15巻
歌番号 3775番歌
作者 作者不詳
題詞 (中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌)
原文 安良多麻能 等之能乎奈我久 安波射礼杼 家之伎己許呂乎 安我毛波奈久尓
訓読 あらたまの年の緒長く逢はざれど異しき心を我が思はなくに
かな あらたまの としのをながく あはざれど けしきこころを あがもはなくに
英語(ローマ字) ARATAMANO TOSHINOWONAGAKU AHAZAREDO KESHIKIKOKOROWO AGAMOHANAKUNI
年月ばかりが経って長らくお逢いできませんが、あなたが他の女性に心を動かそうなどと私は思いません。
左注 (右二首中臣朝臣宅守)
校異
用語 作者:中臣宅守、天平12年、年紀、恋情、悲別、女歌、心変わり、狭野弟上娘子
タイトルとURLをコピーしました