万葉集 第15巻 3774番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3774番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第15巻 3774番歌

第15巻
歌番号 3774番歌
作者 作者不詳
題詞 (中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌)
原文 和我世故我 可反里吉麻佐武 等伎能多米 伊能知能己佐牟 和須礼多麻布奈
訓読 我が背子が帰り来まさむ時のため命残さむ忘れたまふな
かな わがせこが かへりきまさむ ときのため いのちのこさむ わすれたまふな
英語(ローマ字) WAGASEKOGA KAHERIKIMASAMU TOKINOTAME INOCHINOKOSAMU WASURETAMAFUNA
私のあなた、あなたがお帰りになる時を励みにして私は生きております。どうかお忘れなく。
左注 右八首娘子
校異
用語 作者:狭野弟上娘子、天平12年、年紀、恋情、悲別、期待、大赦、女歌、中臣宅守
タイトルとURLをコピーしました