万葉集 第15巻 3667番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3667番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第15巻 3667番歌

第15巻
歌番号 3667番歌
作者 作者不詳
題詞 (海邊望月作九首)
原文 和我多妣波 比左思久安良思 許能安我家流 伊毛我許呂母能 阿可都久見礼婆
訓読 我が旅は久しくあらしこの我が着る妹が衣の垢つく見れば
かな わがたびは ひさしくあらし このあがける いもがころもの あかつくみれば
英語(ローマ字) WAGATABIHA HISASHIKUARASHI KONOAGAKERU IMOGAKOROMONO AKATSUKUMIREBA
今回の旅はもう長くなったようだ。妻が洗ってくれた我が着る着物に随分垢が付いているのを見ると。
左注
校異
用語 遣新羅使、天平8年、年紀、羈旅、福岡、望郷、漂泊
タイトルとURLをコピーしました