万葉集 第15巻 3653番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3653番歌はこちらにまとめました。

第15巻 3653番歌

第15巻
歌番号3653番歌
作者作者不詳
題詞(至筑紫舘遥望本郷悽愴作歌四首)
原文思可能宇良尓 伊射里須流安麻 伊敝<妣>等能 麻知古布良牟尓 安可思都流宇乎
訓読志賀の浦に漁りする海人家人の待ち恋ふらむに明かし釣る魚
かなしかのうらに いざりするあま いへびとの まちこふらむに あかしつるうを
英語(ローマ字)SHIKANOURANI IZARISURUAMA IHEBITONO MACHIKOFURAMUNI AKASHITSURUUWO
志賀島の浦で漁をする海人(あまびと)、家で妻たちが心待ちしているだろうに、夜を徹して魚を釣っている。
左注
校異比 妣 [類][細]
用語遣新羅使、天平8年、年紀、地名、福岡、志賀島、叙景、羈旅、望郷
タイトルとURLをコピーしました